仕事で、転職活動が取れない人がやってはいけないこと

転職活動をする人の中で、今の仕事をしながら転職活動に取組んでいる人も少なくありません。会社を退社した後の転職活動であれば、時間が確保することが出来るので、転職活動に集中することが出来ますが、同時進行でやる場合は、どちらにも時間をかける必要があります。しかし、何も考えずに進めて行くと、後々痛い目にあってしまうのです。そこで、 今回は、転職活動と仕事を同時進行する上で、やってはいけないこと、やるべきことを中心に紹介していきましょう。

転職活動を、効率よくやるために気をつけること

転職活動をするにあたり、効率よくやらなければいけません。例えば転職活動をする中で何となくのモチベーションで進めていくと時間がなくなってしまうのです。そこで、今回はポイントに分けて、何をしていけば良いかをまとめてみましょう。

複数社を同時に応募する

一つずつ会社を応募して、ダメなら次の会社へ。という転職活動では、時間がかかり非効率になってしまいます。 転職活動が長期化すれば、今の会社の仕事にも影響が出てしまうのです。そのため、転職活動を短期決戦で終わらせないといけません。なので、1社ずつ良い会社を見つけて応募するということではなくて、一度に複数の会社を受けて効率よく活動を展開しなければいけません。しかし、これだけではいけません。更に気をつけるべきことがあるのです。

有給確保は、ここぞ!という日だけにする

1次面接、役員面接と転職活動において時間を取られてしまう時間帯は多くできてしまいます。その都度企業のスケジュールに合わせて時間を作っていくと、仕事を休むという日が自然と増えてしまいます。そのため、ある程度どこまで時間をとるべきか。ということを決めないといけません。転職活動とはいえ、スケジュールを調整する際遠慮はいりません。どの時間が良いのかということをはっきり説明しましょう。この作業をすることで、企業側も仕事をしているということがわかればある程度調整してくれるのです。もちろん、すべてが調整してもらえるわけではないので、どうしても調整できない日程の時だけ有給を使い調整するように行いましょう。このことを行うことで、転職活動をスムーズに展開することが出来るのです。

まとめ

転職活動は、就職活動とは異なり、社会人として活動をしなければいけません。そのため、時間の調整から、どういう企業に応募をするかまで、あらゆる点で転職活動をする上で、どういう企業に応募するのかの模索をする必要があるのです。

退職準備をスムーズに行うためのコツとは一体何ですか?

転職活動をして、内定をもらった後、すぐに退職をして次の職場へ移る。このスムーズな流れを誰もが作りたいと考えています。しかし、スムーズな展開を望んでいたとしても、内定をもらってから退職する活動をしても、うまくいきません。 最悪の場合は、
今の職場を辞めることが出来ず、内定取り消しというケースも考えられます。

このような状況下に置かれないためには、一体どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。実は、退職準備は転職活動と同じく計画性を持って行わなければいけません。そこで、今回は、退職をスムーズに行う際に、気をつける必要があるポイントについて考えていきましょう。

転職活動と同時進行で行うコツ

退職準備で、一番効率が良いのが、転職活動と同時進行で行うことです。これが、退職をスムーズに行うために最も効果的なものなのです。そして、この退職準備をするにあたり、様々なことに気をつけていかなければなりません。 1つ目は、家族の理解。2つ目は、会社へ退職を伝えるタイミング、そして3つ目は、引き継ぎです。これらをしっかり考えて行うことで、転職活動をスムーズに展開することが出来るのです。細かく見ていきましょう。

家族の同意を必ずもらう

転職活動では、家族の同意なしでは成功できません。独身族の人であれば、そこまで考えなくても良いですが、すでに世帯を持っている人は、特に気を配らなければなりません。家族としては、生活が不安定になってしまうので、反対するということもあるのです。応援してもらえるよう、説得することも大切です。そうでなければ、転職活動自体が邪魔される可能性があるのです。

面接期間に引き継ぎを

退職をする際、今の自分の仕事を引き継ぐ人が必ず現れます。引き継がずにやめてしまうと、今の会社に悪い印象を与えかねません。そこで、引き継ぎをする際は、自分が行なっている仕事ややり方を簡単にまとめて渡す作業も必要になってきます。

会社への退職を伝えるタイミング

ある程度、面接の段階が進み内定をもらえるところまできたら、退職することを伝えましょう。早すぎると、会社としての印象が悪いので、内定をもらってから伝えることもありです。そこから1ヶ月後、2ヶ月後の退職になるかもしれませんが、内定先の企業にそのことを伝えておけば、理解してくれるからです。あまり早い段階で伝えると、今の会社を追い出され、内定先が見つからない。という可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

スムーズに退職をするためには、計画性のある退職準備をしなければなりません。転職活動は、転職先を探す。そして、今の会社をスムーズに辞めるこの2つが揃って転職活動であると言えるでしょう。

年収アップの転職理由が抱えるリスクとは?

転職活動を行う際、誰もが何か目的を持って行なっていると思います。今の職場の人間関係に疲れ、新しい場所で人間関係を一新させたいという人や、今の仕事では、将来自分の夢を達成することが出来ないかもしれないため、夢を実現させるために転職を行うという人。やりたい仕事が今の仕事ではなかった。などなど転職活動をする人だけの転職理由があります。しかし、この中で最もリスクがあると言われているものがあります。 それは、転職活動を、年収をアップのために行なっているという人たちです。どうして、このような人たちは、リスクを伴うと考えられるのでしょうか。今回は、年収アップを転職理由にすることへのリスクについて考えていきましょう。

年収アップを理由にしてはいけない理由

転職をするにあたり、年収もアップしたいと考える人は少なくないかもしれません。もちろん、転職活動をした人の中には、年収アップに成功した人もいます。しかし、年収アップを全面に押し出すことはよくないとされているのです。何故、年収アップを全面に押しだすことがよくないのでしょうか。

漠然と年収アップであると、説得力がない

年収をあげたい!という理由だけでは、漠然としています。例えば、今の職場でこんな仕事をしている。同じ市場で考えた際、自分の給料はどれくらいかと考えたら、平均以下しかもらっていない。そのため、年収アップを要求したい。ということであれば、まだ年収をあげてほしいという理由が明確であるため、企業を説得することが出来るが、そうでなければ、ただお金のために転職活動をしていると思われてしまいます。そうなってしまうと、企業側としては何も刺さるものはありません。そのため、このような場合は避ける必要があるのです。

退職しやすいと思われる

仮に採用をしても、待遇が良くなく、給料がよくないと他の職場を探す。場合によっては、給料が良い会社を見つけたら、今の会社での待遇が良くても見放して次の職場へ。と思われる可能性もあるのです。そのため、退職しやすい人だと思われる可能性もあるのです。つまり、お金目的で動かされている人なので、本当に信用して良いのかどうかがわからなくなってしまうというのが企業としての本音なのです。

まとめ

転職活動をする上で、給料が今の職場よりもアップすることはとても良いことだと思います。これ以上の文句はありません。 しかし、給料アップだけを考えて転職活動をしてしまうと、企業側には何も刺さるものがなく、後々痛い目にあうことも多々あるのです。そうならないためにも、どうしていきたいかを明確にしながら転職活動をする必要があるでしょう。

面接前日、確認しておきたいこと

転職活動は、あなたの人生を大きく変えるポイントとなる活動です。転職する企業によっては、自分のキャリアが大きく変わりその後の人生を大きく左右されることなんていうこともあります。しかし、この転職活動をうまく決めるかどうかは、面接にかかっています。その面接で、十分なパフォーマンスを発揮しなければいけません。そんな面接を事前に軽くイメージしただけで終わっていませんか?面接には、ぶっつけ本番で挑めばいいや。その時になれば何とかなるといった考えではうまくいかないことが多々あります。そこで、 今回は、面接の前に事前に確認しておくべきことは何なのかを考えていきましょう。

面接は準備で9割が決まります。

面接は、準備をしっかりしておけば、高確率で通過することができます。しかし、この準備を怠った状態で臨んでしまうと、痛い目にあってしまうのです。しかし、どのような準備をしたら良いのかわからないという人もいるかもしれません。そこで、面接前にチェックしておくべき項目を簡単におさらいしてみましょう。

面接で何を話すのかを確認

面接で、一体自分は何を話そうとしているのかをおさらいしてみるのも大切です。この企業には、こういうことを伝えたい。こんな質問が来たらこう返そう。ということを事前にしっかり確認しておきましょう。この時、言葉だけにするのではなく、書き起こしてみることも大切です。書き起こして全体の文章を読むことで違和感を覚えるところを潰していく作業もできるからです。このような作業を行うことで、面接時に自分がどのようなことを伝えたいのかを整理することが出来るのです。

模擬面接をする

恥ずかしいかもしれませんが、知り合いに頼んで模擬面接を行うことも大切です。模擬面接を行い、人に見てもらうことで、客観的な自分を冷静に見ることができます。また話し方や面接に対する姿勢も社会人の人なら、どこがおかしいのかをチェックしてくれるのです。もちろん、このような模擬面接をやってくれる人がいないのであれば、自分で質問を考えた上で、動画に撮影してみるということも行って良いでしょう。模擬面接で客観的な自分を見る作業が大切なのです。

まとめ

面接は、準備をしっかり行うことで、 自分がどのようなことを伝えていきたいのか。そして、面接に臨むにあたりおかしな自分を見つけ出すことが出来る大切な作業です。しかし、それだけではありません。自分が持っている不安を解消することにもつながります。面接を臨む前に最低限のことをチェックしてから臨んでみてはいかがでしょうか。

入社前、本当にこの会社に転職して大丈夫ですか?見分ける方法とは?

転職活動を終えて、面接に臨む際に、確認することがあります。それは、企業と交わす雇用条件です。この雇用条件を、軽いものに思っていませんか?人によっては、内定をもらった後は、会社に入れば何とかなるそう思い、書面を軽く見て入社。その後「あれ?こんな条件だっけ?」「聞いていたものと違う。どういうことだ。」と驚いてしまうケースも少なくありません。このようなトラブルを防ぐために重要なのが、内定後の書面チェックです。 今回は、入社後に「こんなはずではなかった」と感じないようにするための、トラブル防止の方法を考えていきましょう。

なぜ、トラブルが起きてしまうのか

そもそも、このようなトラブルがどうして発生してしまうのでしょうか。それは、企業が募集していた要項と、実際に内定後に交わす書面が異なっているケースがあるということです。企業の中には、募集しているものと実際に交わす契約で異なっているところもあります。大きい部分を見ると、そうは感じませんが、実際に違うというケースも少なくありません。このようなズレを見つけるために、項目が違うのかどうかをチェックしなければなりません。書面にサインをするということは、同意をしたということになるので、ここで細かくチェックをする必要があるでしょう。

条件承諾までに、交渉しよう

ここで、書面上納得できない部分があった場合に交渉出来るのが、条件承諾前です。この期間であれば、内定先の企業と話を詰めることができます。いわばここが最後のチャンスと言えます。この際に、書面と自分が考えている働き方のズレが生じているならば、違うとはっきり言わなければなりません。承諾してからでは遅いのです。そのため、納得いかないものがあれば、交渉していきましょう。ただし、給料の問題だけは別です。正当な理由、例えば資格を持っているのに、その手当が入っていない。みたいなことであれば問題なく伝えても良いですが、 純粋に今の会社よりも良い給料が欲しい。という理由での交渉はあまりよくありません。このような場合は、他の応募条件の段階で提示している金額が多い会社を優先的に応募することが最も良いと言えます。

まとめ

転職活動をして、内定をもらったものの、こんな会社に入るんじゃなかったと誰もが後悔したくないと思います。このズレを解消するためには、ある程度自分で条件が違っていないか。といった問題を解決させる必要があります。しかし、職場の人間関係はそうはいかないので、努力が必要です。苦労して勝ち取った内定を無駄にしないためにも、慎重に行動しましょう。

気をつけよう!転職活動疲れ、あなたの心は大丈夫?

転職活動を始めた頃は、転職をしようという強い気持ちで前に進んでいると思います。前向きな姿勢で取り組むことで、仕事も大きく一歩前に前進していくことが出来るからです。
しかし、転職活動が一度うまくいかなくなる、あるいは転職活動と仕事の同時進行からストレスで意欲が無くなってしまう。そんな状況下に置かれた場合、どうすれば良いのでしょう。この状態で転職活動をし続けていてもうまくいきません。そこで、今回は、このような転職活動からくるストレスとどのように向き合っていけば良いのか。考えていきましょう。

転職活動を嫌だと感じたら休みましょう

転職活動をしていく中で、気をつけておかなければいけないのが、このような体のケアです。転職活動からストレスを放置しておいても良いことはありません。このような場合は、一度休む必要があります。なぜなら、転職活動をしたいというモードになっていないからです。転職活動を一旦忘れる作業も大切です。このことをしっかりしておけば、転職が嫌という気持ちにはならないことでしょう。

転職のストレスは、他に向けて発散する

一旦忘れようとしても、転職をしなければいけない。という焦りは取れないかもしれません。このような場合でも、焦る必要はありません。こういった転職のストレスでもう一つ大切なことは、他へストレスを発散するということです。転職に関する悩みを1人で抱えたとしても何も解決になりません。そこで、ポイントになってくるのが、外へ向けるということ。では、具体的にどのようなことでしょうか。

同僚に相談する

自分のいろいろな話をすることが出来る同僚がいるのであれば、同僚にその話を打ち明けてみることも1つの方法です。相談をすることで解決につながらなくても、相談をすることで、ストレス発散につながるからです。

経験者に相談してみる

転職活動を実際にした人に、直接話をしてみることも大切です。転職経験者だからこそ話せることがあるかもしれません。ここで素直に打ち明けておくことで、何か自分の突破口が見出せるかもしれません。そのため、あなたの周りで転職をした人で、今の仕事に満足をしているような人を見つけたら、一度話をしてみることも良いでしょう。

まとめ

転職活動において、ストレスはつきものです。どのように解消するかも考えないといけません。ストレスを抱えずして転職活動を行うことは不可能です。そのため、ストレスを解消しつつ、前向きに転職活動が出来るように心がけておきましょう。そうすることで、うまくいかなかった転職活動の突破口も見えてくるはずです。

役員面接、一体あなたのどこを見ているのでしょうか

転職活動の最大の難関なのは、面接です。企業はエントリーシートでその人となりを判断します。そして、その後採用するかを面接で決めるのです。そして、面接の中で最後に立ちはだかる壁となるものが、役員面接です。会社の幹部の人、もしくは社長さんがあなたと直接あって面接をします。そして採用するかどうかを決めるのです。この一番緊張感のある面接、1次の面接と同じモチベーションで臨んだ方が良いのでしょうか。それとも、1次とは違う別のモチベーションで臨むべきなのでしょうか。今回は、役員面接に臨むにあたり、一体どこに気をつけていけば良いのか。ということを考えていきましょう。

1次面接との違い

会社によっては、役員面接というものがなく、最初の面接で採用という企業もありますが、大手企業になれば、必ず1次面接があり、そして役員面接という流れが自然です。2回に分けて面接があるのです。では、最初の1次の面接と役員面接では一体何が違うのでしょう。それは、見るところです。1次面接では、あなたという人物がどのようなスキルがあるのか。そして、この会社においてどんな仕事をすることが出来るのか。という点を様々なことを見極められます。1次面接では、自分の持っているスキルと、キャリアを見られるのです。その上で、この会社にふさわしいかどうかをチェックする、いわば企業が抑えておきたい基本に当てはまる人物であるかどうかの見極めなのです。

役員面接では、長期スパンで考える人かどうか

役員面接は、どうでしょうか。役員クラスになると、1個人としてではなく、会社として考えます。そのため、いくら仕事が出来る人材だとしても、自分の会社という組織において考えた場合、それが当てはまらない。ということも考えられるのです。そのため、役員面接では、長期的な視野で考えた場合、この人は会社のために利益をもたらしてくれるのかどうかをまず優先的に考えます。なので、自分が将来どのようなビジョンを持っていて、この会社でどのようなことを貢献出来るのか。ということをアピールする必要があるのです。役員面接では、あなたの個人というよりも、会社としてこの人は何が出来るのかをみられます。この点が、役員面接で見ているポイントと言えるでしょう。なので、面接に臨む際にはこのようなポイントを押さえておく必要があるのです。

まとめ

役員面接は、転職活動における最後の難関と言っても良いでしょう。ここで、自分の意思を明確に伝えつつ、企業側が採用したいと思うような人になれば、転職後のキャリアも期待出来ることでしょう。そのためには、準備が必要です。役員面接に臨む際には、どのようなことに気をつけたら良いのかを意識しながら、対策を考えるようにしましょう。

潜在的に存在する、転職すべきでない人たち

転職活動をする人の多くが、次の会社で今以上の活躍を求めているケースが多いと思います。しかし、その人たちの中には、本当は転職をするのではなく、今の会社に向き合う必要があるのでは?という方もいるのです。このような人たちが何故転職をしてはいけないのでしょうか。 実は、このような人たちが転職活動をしたとしても、長続きしない、次の仕事を始めてもキャリアアップにつながらない。といったリスクがあるのです。転職活動をしている人の中には、そんな人もいるのです。このような人は転職活動をするよりも、会社の仕事をもう一度見直して取り組む必要があるのです。そこで、今回は、転職する必要がないのに転職活動をしている人とはどのような人かを考えてみましょう。

転職活動をしない方が良い理由とは

転職活動をしている人の中で、転職活動をしてはいけない人は何故出てくるのでしょうか。そして、どうして、このような理由で転職活動をしてはいけないのでしょうか。最大のポイントは、このような人たちが転職活動をしても、その先の将来性に期待できないからなのです。転職のモチベーションは、お金や今の待遇改善といったその場しのぎの理由になっているからです。そのため、このようなことを解消しないと意味がないのです。

転職しない方が良い人の特徴

転職しない方が良い人の特徴は、次のとおりです。

転職する理由が、今の会社に不満。しかし、将来の目的は漠然としている

給料をあげてほしいというもの

今の仕事がうまくいってないものの、真剣に向き合っていない

自分を客観的に見ていない人

まだまだ特徴はありますが、このような人が転職活動をしない方が良い人の特徴です。つまり、現状に対してなんとなく不満を持っているものの、どうしたら良いかわからない。そのため、転職活動をすれば、自分の突破口が見出せると、なんとなく考えている人なのです。このようなモチベーションでは、いくら転職活動を一生懸命したところで企業側に刺さってこないのです。そのため、転職活動をする前に、現状を真剣に向き合う必要があるのです。

まとめ

転職活動は、モチベーションの持ち方、将来に対する考え方、そして、自分がどのようなポジションで他の企業で活躍することが出来るのか。といった具体的な項目がはっきりしていれば、うまく進みます。しかし、漠然としていると、うまくいかないものなのです。転職活動がいまいちうまくいっていない人は、初心に戻って自分は本当に転職活動をすべきなのかどうかを考えてみましょう。

面接でのそのアピールネガティブになっていませんか?

転職活動を行うにあたり、自分の魅力を自己PRという形で伝えなければなりません。しかし、この自己PRの中でも、そのことをアピールすることで、逆にマイナスなイメージを与えてしまう。そんなよくないアピールも実はあることをご存知でしょうか。どういったアピールをすると、面接官に悪い印象を与えることになってしまうのでしょうか。 今回は、隠れネガティブアピールにならないための自己アピールについて、考えていきましょう。

隠れネガティブアピールになってしまうもの

それでは、隠れネガティブアピールになってしまうものとは、一体どのようなものなのでしょうか。簡単に整理してみましょう。

内容がとても抽象的

内容が抽象的なものであると、面接官は、何を自己アピールしたいのか。ということがよくわかりません。例えば、コミュニケーション能力があると自己アピールしても、どんなコミュニケーション能力なのか。ということで、面接官は考えてしまいます。コミュニケーションの高さから、どんな上司とでも打ち解けて巻き込んで行けるといった内容であれば、まだ伝えたいことがわかりますが、コミュニケーションが高いだけであれば、漠然としているため、一体どういうコミュニケーションがあるのかわかりません。抽象的なアピールをするのは、やめましょう。

何を伝えたいのかわからない

自分の魅力を説明する際、よく分からない例を出すことや、自分の魅力の紹介する方法がうまくないと、何を伝えたいのかわからない人と思われてしまいます。こうなってしまうと、あなたは人に何かを伝えるのが下手ということになってしまいます。このようなトラブルを回避するためにも、伝える内容をしっかり考えないといけません。一番良いのは、自己アピール内容を、一度人に聞いてもらうことです。この作業をすることで、あなた自身が一体何を伝えたいのかを聞いてもらうことが出来ます。緊張して何を伝えるかわからないように気をつけましょう。

面接以外で気を抜かない

相手企業に入ったら、全員に好印象を与える作業も大切です。会社によっては、この人が?という人が面接前のチェックをしている可能性があります。面接では紳士なのに、それ以外の人には、横柄な態度をとってしまった。そうならないためにも、面接会場では気を抜いてはいけません。

まとめ

面接は、相手に自分の印象を与える良い場所ですが、 一歩やり方を間違えると、ネガティブな結果を招きかねません。そうならないためにも、面接でどのように対応をするのか検討するようにしましょう。