年収アップの転職理由が抱えるリスクとは?

転職活動を行う際、誰もが何か目的を持って行なっていると思います。今の職場の人間関係に疲れ、新しい場所で人間関係を一新させたいという人や、今の仕事では、将来自分の夢を達成することが出来ないかもしれないため、夢を実現させるために転職を行うという人。やりたい仕事が今の仕事ではなかった。などなど転職活動をする人だけの転職理由があります。しかし、この中で最もリスクがあると言われているものがあります。 それは、転職活動を、年収をアップのために行なっているという人たちです。どうして、このような人たちは、リスクを伴うと考えられるのでしょうか。今回は、年収アップを転職理由にすることへのリスクについて考えていきましょう。

年収アップを理由にしてはいけない理由

転職をするにあたり、年収もアップしたいと考える人は少なくないかもしれません。もちろん、転職活動をした人の中には、年収アップに成功した人もいます。しかし、年収アップを全面に押し出すことはよくないとされているのです。何故、年収アップを全面に押しだすことがよくないのでしょうか。

漠然と年収アップであると、説得力がない

年収をあげたい!という理由だけでは、漠然としています。例えば、今の職場でこんな仕事をしている。同じ市場で考えた際、自分の給料はどれくらいかと考えたら、平均以下しかもらっていない。そのため、年収アップを要求したい。ということであれば、まだ年収をあげてほしいという理由が明確であるため、企業を説得することが出来るが、そうでなければ、ただお金のために転職活動をしていると思われてしまいます。そうなってしまうと、企業側としては何も刺さるものはありません。そのため、このような場合は避ける必要があるのです。

退職しやすいと思われる

仮に採用をしても、待遇が良くなく、給料がよくないと他の職場を探す。場合によっては、給料が良い会社を見つけたら、今の会社での待遇が良くても見放して次の職場へ。と思われる可能性もあるのです。そのため、退職しやすい人だと思われる可能性もあるのです。つまり、お金目的で動かされている人なので、本当に信用して良いのかどうかがわからなくなってしまうというのが企業としての本音なのです。

まとめ

転職活動をする上で、給料が今の職場よりもアップすることはとても良いことだと思います。これ以上の文句はありません。 しかし、給料アップだけを考えて転職活動をしてしまうと、企業側には何も刺さるものがなく、後々痛い目にあうことも多々あるのです。そうならないためにも、どうしていきたいかを明確にしながら転職活動をする必要があるでしょう。