面接でのそのアピールネガティブになっていませんか?

転職活動を行うにあたり、自分の魅力を自己PRという形で伝えなければなりません。しかし、この自己PRの中でも、そのことをアピールすることで、逆にマイナスなイメージを与えてしまう。そんなよくないアピールも実はあることをご存知でしょうか。どういったアピールをすると、面接官に悪い印象を与えることになってしまうのでしょうか。 今回は、隠れネガティブアピールにならないための自己アピールについて、考えていきましょう。

隠れネガティブアピールになってしまうもの

それでは、隠れネガティブアピールになってしまうものとは、一体どのようなものなのでしょうか。簡単に整理してみましょう。

内容がとても抽象的

内容が抽象的なものであると、面接官は、何を自己アピールしたいのか。ということがよくわかりません。例えば、コミュニケーション能力があると自己アピールしても、どんなコミュニケーション能力なのか。ということで、面接官は考えてしまいます。コミュニケーションの高さから、どんな上司とでも打ち解けて巻き込んで行けるといった内容であれば、まだ伝えたいことがわかりますが、コミュニケーションが高いだけであれば、漠然としているため、一体どういうコミュニケーションがあるのかわかりません。抽象的なアピールをするのは、やめましょう。

何を伝えたいのかわからない

自分の魅力を説明する際、よく分からない例を出すことや、自分の魅力の紹介する方法がうまくないと、何を伝えたいのかわからない人と思われてしまいます。こうなってしまうと、あなたは人に何かを伝えるのが下手ということになってしまいます。このようなトラブルを回避するためにも、伝える内容をしっかり考えないといけません。一番良いのは、自己アピール内容を、一度人に聞いてもらうことです。この作業をすることで、あなた自身が一体何を伝えたいのかを聞いてもらうことが出来ます。緊張して何を伝えるかわからないように気をつけましょう。

面接以外で気を抜かない

相手企業に入ったら、全員に好印象を与える作業も大切です。会社によっては、この人が?という人が面接前のチェックをしている可能性があります。面接では紳士なのに、それ以外の人には、横柄な態度をとってしまった。そうならないためにも、面接会場では気を抜いてはいけません。

まとめ

面接は、相手に自分の印象を与える良い場所ですが、 一歩やり方を間違えると、ネガティブな結果を招きかねません。そうならないためにも、面接でどのように対応をするのか検討するようにしましょう。