入社前、本当にこの会社に転職して大丈夫ですか?見分ける方法とは?

転職活動を終えて、面接に臨む際に、確認することがあります。それは、企業と交わす雇用条件です。この雇用条件を、軽いものに思っていませんか?人によっては、内定をもらった後は、会社に入れば何とかなるそう思い、書面を軽く見て入社。その後「あれ?こんな条件だっけ?」「聞いていたものと違う。どういうことだ。」と驚いてしまうケースも少なくありません。このようなトラブルを防ぐために重要なのが、内定後の書面チェックです。 今回は、入社後に「こんなはずではなかった」と感じないようにするための、トラブル防止の方法を考えていきましょう。

なぜ、トラブルが起きてしまうのか

そもそも、このようなトラブルがどうして発生してしまうのでしょうか。それは、企業が募集していた要項と、実際に内定後に交わす書面が異なっているケースがあるということです。企業の中には、募集しているものと実際に交わす契約で異なっているところもあります。大きい部分を見ると、そうは感じませんが、実際に違うというケースも少なくありません。このようなズレを見つけるために、項目が違うのかどうかをチェックしなければなりません。書面にサインをするということは、同意をしたということになるので、ここで細かくチェックをする必要があるでしょう。

条件承諾までに、交渉しよう

ここで、書面上納得できない部分があった場合に交渉出来るのが、条件承諾前です。この期間であれば、内定先の企業と話を詰めることができます。いわばここが最後のチャンスと言えます。この際に、書面と自分が考えている働き方のズレが生じているならば、違うとはっきり言わなければなりません。承諾してからでは遅いのです。そのため、納得いかないものがあれば、交渉していきましょう。ただし、給料の問題だけは別です。正当な理由、例えば資格を持っているのに、その手当が入っていない。みたいなことであれば問題なく伝えても良いですが、 純粋に今の会社よりも良い給料が欲しい。という理由での交渉はあまりよくありません。このような場合は、他の応募条件の段階で提示している金額が多い会社を優先的に応募することが最も良いと言えます。

まとめ

転職活動をして、内定をもらったものの、こんな会社に入るんじゃなかったと誰もが後悔したくないと思います。このズレを解消するためには、ある程度自分で条件が違っていないか。といった問題を解決させる必要があります。しかし、職場の人間関係はそうはいかないので、努力が必要です。苦労して勝ち取った内定を無駄にしないためにも、慎重に行動しましょう。