面接前日、確認しておきたいこと

転職活動は、あなたの人生を大きく変えるポイントとなる活動です。転職する企業によっては、自分のキャリアが大きく変わりその後の人生を大きく左右されることなんていうこともあります。しかし、この転職活動をうまく決めるかどうかは、面接にかかっています。その面接で、十分なパフォーマンスを発揮しなければいけません。そんな面接を事前に軽くイメージしただけで終わっていませんか?面接には、ぶっつけ本番で挑めばいいや。その時になれば何とかなるといった考えではうまくいかないことが多々あります。そこで、 今回は、面接の前に事前に確認しておくべきことは何なのかを考えていきましょう。

面接は準備で9割が決まります。

面接は、準備をしっかりしておけば、高確率で通過することができます。しかし、この準備を怠った状態で臨んでしまうと、痛い目にあってしまうのです。しかし、どのような準備をしたら良いのかわからないという人もいるかもしれません。そこで、面接前にチェックしておくべき項目を簡単におさらいしてみましょう。

面接で何を話すのかを確認

面接で、一体自分は何を話そうとしているのかをおさらいしてみるのも大切です。この企業には、こういうことを伝えたい。こんな質問が来たらこう返そう。ということを事前にしっかり確認しておきましょう。この時、言葉だけにするのではなく、書き起こしてみることも大切です。書き起こして全体の文章を読むことで違和感を覚えるところを潰していく作業もできるからです。このような作業を行うことで、面接時に自分がどのようなことを伝えたいのかを整理することが出来るのです。

模擬面接をする

恥ずかしいかもしれませんが、知り合いに頼んで模擬面接を行うことも大切です。模擬面接を行い、人に見てもらうことで、客観的な自分を冷静に見ることができます。また話し方や面接に対する姿勢も社会人の人なら、どこがおかしいのかをチェックしてくれるのです。もちろん、このような模擬面接をやってくれる人がいないのであれば、自分で質問を考えた上で、動画に撮影してみるということも行って良いでしょう。模擬面接で客観的な自分を見る作業が大切なのです。

まとめ

面接は、準備をしっかり行うことで、 自分がどのようなことを伝えていきたいのか。そして、面接に臨むにあたりおかしな自分を見つけ出すことが出来る大切な作業です。しかし、それだけではありません。自分が持っている不安を解消することにもつながります。面接を臨む前に最低限のことをチェックしてから臨んでみてはいかがでしょうか。