役員面接、一体あなたのどこを見ているのでしょうか

転職活動の最大の難関なのは、面接です。企業はエントリーシートでその人となりを判断します。そして、その後採用するかを面接で決めるのです。そして、面接の中で最後に立ちはだかる壁となるものが、役員面接です。会社の幹部の人、もしくは社長さんがあなたと直接あって面接をします。そして採用するかどうかを決めるのです。この一番緊張感のある面接、1次の面接と同じモチベーションで臨んだ方が良いのでしょうか。それとも、1次とは違う別のモチベーションで臨むべきなのでしょうか。今回は、役員面接に臨むにあたり、一体どこに気をつけていけば良いのか。ということを考えていきましょう。

1次面接との違い

会社によっては、役員面接というものがなく、最初の面接で採用という企業もありますが、大手企業になれば、必ず1次面接があり、そして役員面接という流れが自然です。2回に分けて面接があるのです。では、最初の1次の面接と役員面接では一体何が違うのでしょう。それは、見るところです。1次面接では、あなたという人物がどのようなスキルがあるのか。そして、この会社においてどんな仕事をすることが出来るのか。という点を様々なことを見極められます。1次面接では、自分の持っているスキルと、キャリアを見られるのです。その上で、この会社にふさわしいかどうかをチェックする、いわば企業が抑えておきたい基本に当てはまる人物であるかどうかの見極めなのです。

役員面接では、長期スパンで考える人かどうか

役員面接は、どうでしょうか。役員クラスになると、1個人としてではなく、会社として考えます。そのため、いくら仕事が出来る人材だとしても、自分の会社という組織において考えた場合、それが当てはまらない。ということも考えられるのです。そのため、役員面接では、長期的な視野で考えた場合、この人は会社のために利益をもたらしてくれるのかどうかをまず優先的に考えます。なので、自分が将来どのようなビジョンを持っていて、この会社でどのようなことを貢献出来るのか。ということをアピールする必要があるのです。役員面接では、あなたの個人というよりも、会社としてこの人は何が出来るのかをみられます。この点が、役員面接で見ているポイントと言えるでしょう。なので、面接に臨む際にはこのようなポイントを押さえておく必要があるのです。

まとめ

役員面接は、転職活動における最後の難関と言っても良いでしょう。ここで、自分の意思を明確に伝えつつ、企業側が採用したいと思うような人になれば、転職後のキャリアも期待出来ることでしょう。そのためには、準備が必要です。役員面接に臨む際には、どのようなことに気をつけたら良いのかを意識しながら、対策を考えるようにしましょう。