退職準備をスムーズに行うためのコツとは一体何ですか?

転職活動をして、内定をもらった後、すぐに退職をして次の職場へ移る。このスムーズな流れを誰もが作りたいと考えています。しかし、スムーズな展開を望んでいたとしても、内定をもらってから退職する活動をしても、うまくいきません。 最悪の場合は、
今の職場を辞めることが出来ず、内定取り消しというケースも考えられます。

このような状況下に置かれないためには、一体どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。実は、退職準備は転職活動と同じく計画性を持って行わなければいけません。そこで、今回は、退職をスムーズに行う際に、気をつける必要があるポイントについて考えていきましょう。

転職活動と同時進行で行うコツ

退職準備で、一番効率が良いのが、転職活動と同時進行で行うことです。これが、退職をスムーズに行うために最も効果的なものなのです。そして、この退職準備をするにあたり、様々なことに気をつけていかなければなりません。 1つ目は、家族の理解。2つ目は、会社へ退職を伝えるタイミング、そして3つ目は、引き継ぎです。これらをしっかり考えて行うことで、転職活動をスムーズに展開することが出来るのです。細かく見ていきましょう。

家族の同意を必ずもらう

転職活動では、家族の同意なしでは成功できません。独身族の人であれば、そこまで考えなくても良いですが、すでに世帯を持っている人は、特に気を配らなければなりません。家族としては、生活が不安定になってしまうので、反対するということもあるのです。応援してもらえるよう、説得することも大切です。そうでなければ、転職活動自体が邪魔される可能性があるのです。

面接期間に引き継ぎを

退職をする際、今の自分の仕事を引き継ぐ人が必ず現れます。引き継がずにやめてしまうと、今の会社に悪い印象を与えかねません。そこで、引き継ぎをする際は、自分が行なっている仕事ややり方を簡単にまとめて渡す作業も必要になってきます。

会社への退職を伝えるタイミング

ある程度、面接の段階が進み内定をもらえるところまできたら、退職することを伝えましょう。早すぎると、会社としての印象が悪いので、内定をもらってから伝えることもありです。そこから1ヶ月後、2ヶ月後の退職になるかもしれませんが、内定先の企業にそのことを伝えておけば、理解してくれるからです。あまり早い段階で伝えると、今の会社を追い出され、内定先が見つからない。という可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

スムーズに退職をするためには、計画性のある退職準備をしなければなりません。転職活動は、転職先を探す。そして、今の会社をスムーズに辞めるこの2つが揃って転職活動であると言えるでしょう。